鈴鹿からびわ湖まで東近江市の博物館の情報サイト

イベント・ニュース

フィールドワーク「東近江市に残っている照葉樹林を見て歩こう!」

【2021/05/15~】

西堀榮三郎記念探検の殿堂で開催するフィールドワーク「東近江市内に残っている照葉樹林を見て歩こう!」の参加者を募集します。
当日は、研究者による企画展解説を聞いたのち、東近江市内で照葉樹林の森が残る奥永源寺に向かいます。
昼食には、東近江市政所の「きの花」特製弁当(政所紅茶つき)をご用意しているので、照葉樹林の食をお楽しみいただけます。また、照葉樹林文化に共通して見られる木地師の工房見学も行います。
この機会に、いつも何気なく見ている照葉樹が、実は日本の気候風土を象徴していることをぜひ体感してみてください。
※照葉樹とはツバキのように葉が肉厚でツヤツヤしている植物のことです。

 日時 
令和3年5月15日(土) 午前10時~午後4時30分

 場所 
探検の殿堂、奥永源寺地区

 定員 
12人(応募者多数の場合は抽選を行います)

 参加費 
1,200円(保険料・昼食代含む)

 昼食 
きの花特製・照葉樹林文化を味わう弁当 政所紅茶つき

 申込 
令和3年5月9日(日)正午まで 

 問合せ 
西堀榮三郎記念探検の殿堂  
電話0749-45-0011 IP電話050-5802-2291

 スケジュール 
午前9時45分  受付
午前10時~   企画展観覧(解説ガイド付き)
午前11時~   馬堤溜池周辺の照葉樹の観察➡バス移動
正午~      政所の茶畑見学
午後1時~    昼休憩・大皇器地祖神社周辺
午後1時45分~ 旧街道を散策・照葉樹の森を体感
午後2時15分~ 君が畑・木地師の工房見学①
午後3時10分~ 蛭谷・木地師の工房見学②
午後4時15分頃 探検の殿堂・アンケート記入後解散

 

PAGE TOP

menu

Copyright @ 鈴鹿からびわ湖まで東近江市の博物館の情報サイト ALL Rights Reserved.