鈴鹿からびわ湖まで東近江市の博物館の情報サイト

「一期一会の旅~京都・富士・中国を描く~」を見てみよう!

author(2020/05/13)

まいどおおきに~(=^ω^=)てんちゃんです


みんなはおうち時間、どうやって過ごしてるかな?

ぼくは休館中、お習字に挑戦したり、展示の準備のお手伝いをしたりしてました◎

お習字してるところはこちら!(東近江市観光協会のTwitterやで)

https://twitter.com/Higashiomi_KNK/status/1254574696458149889/video/1


博物館も12日から開館してます

みんなの安心安全のために、いろんな対策をしてるので、協力お願いします!




というわけで、今回は中路融人記念館企画展

「一期一会の旅~京都・富士・中国を描く~」のようすを紹介するで☆

まだまだ外出するのがむずかしい状況、行きたくても行けないよ~って人も、

これを見て楽しんでくれるとうれしいな!

今回は、何かがいつもと少し違うみたい…さっそく展示室にいってみよ~→




この作品、桜の花がめっちゃきれいやな~

花の周りがふわふわしてて、綿菓子みたい◎

ここは京都の龍安寺で、枯山水の石庭が描かれてるんやって

お寺で座禅してるみたいに、何も考えんとず~っと見てられる、不思議な気分になる!




こっちは紅葉がいっぱい!

紅葉の名所、東福寺の通天橋か~、

よくみると橋の上に人がたくさんいて、みんな楽しそう^^

近くで見たら葉っぱの一枚一枚が、細かい筆のタッチで表現されててびっくり!



…あれ?中路融人さんって滋賀の風景をよく描いてたのに、

この2つの作品は京都の風景…


そう、今回の展示は、滋賀以外の風景ばっかりを展示しているんです☆

なんと京都・中国・富士山の三本立て!



中路さんが旅行で訪れた中国の江南地域の絵は、どれもこまか~く描かれてて

ぼくのお気に入りの風景!見るたびにいろんな発見があるなあ


建物の中に誰かいるんかな…


江南地域って蘇州とか紹興とか、揚子江の河口あたりの地域なんやけど、

水路の横に家が建ってたり、小さい舟がとまってたりするようすが、

ちょっと滋賀の風景に似てて落ち着く~




中路さんもおなじ気もちやったのかな?




こちらの富士山は、春夏秋冬の四作シリーズ!


奥から春→冬やで~


それぞれちょっとずつ違う角度から描かれてるから、

きっと場所を選ぶのも大変やったんやろうなあ

中路さんの得意な冬はやっぱり富士山もオーラがすごい!

日本一の山の存在感が絵からも出てます◎



いつもは滋賀の風景を多く展示してるけど、今回は展示室の雰囲気も変わっておもしろかった♪

みんなも本物の絵を見に来てや~^^

とはいっても、もちろん自分と周りのみんなの健康がいちばん大事、

ぜったいに無理したらあかんで!


行きたくても行けないよ~;;;という人も大丈夫!

今回は図録があります!!!出展作品21点がぜんぶカラーで掲載!

1,100円で作品がいつでも何度でも見られちゃう!

通販も対応してるので、ほしい人は博物館まで問い合わせてや☆

(電話:0748-48-7101 FAX:0748-48-7105)



ほなまた(=^ω^=)





名 前:てんちゃん
出身地:東近江市てんびんの里
誕生日:10月10日
特 徴:おへそが「て」の形。
    時どき江州なまりです。
好きな食べ物:どろ亀汁、
       でっちようかん
目 標:
近江商人の知恵を学んで、世間の人びとに信頼される近江商人になること
趣 味:
近江商人の先輩の足跡をたどること
最新の記事

てんちゃんのミュージアムグッズができたで~♪

日本刀の世界へGO!Part2

日本刀の世界へGO!

「一期一会の旅~京都・富士・中国を描く~」を見てみよう!

こんな時こそ「三方よし」が大切!

過去の記事

平成27年度(2015)の記事

平成26年度(2014)の記事

平成25年度(2013)の記事

平成24年度(2012)の記事

平成23年度(2011)の記事

平成22年度(2010)の記事

東近江市近江商人博物館

中路融人記念館

menu

Copyright @ 鈴鹿からびわ湖まで東近江市の博物館の情報サイト ALL Rights Reserved.