鈴鹿からびわ湖まで東近江市の博物館の情報サイト

132件中:106-110件表示 [1] <- 21 22 23 24 25 26 27 -> [27]

日本画の材料をつかって作るオーナメント☆彡

author(2016/12/04)

まいどおおきに~(=^ω^=)てんちゃんです

12/3に中路融人記念館で開催中の「中路融人の世界Ⅲ―木立の造形―」の
関連イベント「日本画でクリスマス~星形オーナメントを作ろう~」が開催されました!

東近江市在住の日本画家・藤野裕美子さんが本日の講師です(^^)
今回の目玉は、なんといっても本物の日本画材を使えること♪
岩絵の具やにかわ、金箔、麻紙といった材料が並びます。



これが絵具をのせる麻紙
今回は裏に色画用紙が貼ってあります



 これが膠(にかわ)
牛や鹿などの動物のコラーゲン質からできてるんやって!
これをふやかしてから水に溶いて絵具の接着剤にします



 そしてこれが岩絵の具!
いろんな粒の細かさがあるんやって
天然なので岩やサンゴなど、自然のものからできてます



 なんと金箔と銀箔(アルミ箔)も!!
めっちゃゴージャス~!


この材料でクリスマスに飾れる
星型のオーナメントをつくったで☆



岩絵の具って、水彩やアクリル絵の具と違って
すぐ描けるわけやないんです!
まず絵の具の粉とにかわをだまにならないように練りながらまぜまぜ…
それから水で薄めて描くんやって~
大変やけど混ぜるのが楽しそう♪




最初は戸惑ってはった参加者のみなさんも
藤野さんにアドバイスをもらったり、周りの方とおしゃべりしながら
思い思いの色を塗ってはりました









絵具を乾かしている間に
藤野さんが日本画プチ講座をしてくだはりました



日本画という言葉が生まれたのは?
西洋画とは何が違うの?代表的な作家さんは?などなど、
なるほど~知らなかった!というお話がたくさん!
てんちゃんも勉強になりました




そしていよいよ組み立ての時間…
色を塗った2枚の紙を星型に切り抜いて、組み立てたら完成や~★



リボンをつけて、置いてもよし吊ってもよしの
素敵なオーナメントができました♪



きれい♡


今回は日本画初挑戦の方ばかりやったんやけど、
みなさん楽しんで触れることができたようで、
ぼくもうれしかったなあ
素敵な講座を考えてくださった講師の藤野さん
ほんまにありがとうございました!

12月20日から25日には、京都府立文化芸術会館にて
藤野さんが作品を出展されている「筍々会展’16」が開催されます♪




そうそう、このイベントの様子が
12/8の18時から、東近江スマイルネットの「eおうみNOW!」という
番組で放送されます。チェックしてな~
ほなまた(=^ω^=)




よいクリスマスを…☆彡

「日本画でクリスマス~星形オーナメントを作ろう~」参加者募集中~♪

author(2016/11/27)

まいどおおきに~♪てんちゃんです(^^♪

今日は朝から一日雨模様です。紅葉もこの雨でそろそろおしまいかなぁ…

いよいよ年の瀬、師も走る12月が近づいてきました。

12月のイベントのお知らせでっせ~(^^)/

◆12月3日(土)13:30~16:00
「日本画でクリスマス~星形オーナメントを作ろう~」

このイベントは、東近江市在住の日本画家・藤野裕美子さんを講師に
日本画で使うのと同じ材料をつかって、クリスマスのオーナメントを作ります!



 岩絵の具やにかわ、金箔に麻紙と自分で手に入れるのがなかなか難しい日本画の材料。
これを、実際に日本画を描くときと同じようにして、岩絵の具でいろんな色を塗っていきます。
どんな色を作るかは、皆さんの自由です♪岩絵の具で遊んでみましょう~(^^♪

藤野裕美子さんの、日本画のお話や作品鑑賞もあるさかい、ぜひお気軽に参加してや~。
大人から子供さんまで、どなたでもOKです!

お待ちしてまっせ~(^^)ノ”

関西文化の日のギャラリートーク

author(2016/11/23)

まいど!てんちゃんです。

11月19日・20日は、毎年恒例の「関西文化の日」。
入館無料の日とあって、たくさんのお客さんでした。

中路融人記念館では、現在開催中の「中路融人の世界Ⅲ-木立の造形-」に関連して
19日午後に、当館学芸員によるギャラリートークを開催しました。




てんちゃんも、お客様に交じって、お話を聞いてたんやけど、
素描の特徴、ちりばめられた金箔、絵の具を薄く塗り重ねることによって
キラキラと輝いて見えることなど、とっても面白いお話でした。




 展示替えをするたびに何度も足を運んでくださるお客様もいて、改めて
中路先生の絵には人をひきつける何かがあるんやなあと思いました。

現在の展示は12月18日まで。翌日から展示替えによる休室となります。
(【予告】平成29年1月5日~4月2日「中路融人の世界Ⅳ-新春を寿ぐ-」)
まだ見ていない方、お早めにご来館くださいね!

「中路融人の世界Ⅲ-木立の造形-」ギャラリートークを開催♪

author(2016/11/17)

まいどおおきに~(^^)てんちゃんです♪

朝晩すっかり寒くなりました。
こちら東近江市五個荘から見る繖山(きぬがさやま)もすっかり紅葉がすすみました。




 皆さんのところの紅葉はどうですか~?


さて、11月12日(土)に学芸員による「中路融人の世界Ⅲ-木立の造形-」のギャラリートークを開催しました\(^^)/

 

今回の展示では、見どころのひとつである紅葉を描いた作品のほかに中路先生の若かりし頃の作品を1点展示しています。
「樹林」は平成元年の作品で、今の作風とはちがって鋭いく描かれた直線を何重にも重ねて梅林を描いています。近年の作品とはまた違う、力強さや生命力を感じます。
次回のギャラリートークでも、そのあたりのお話も聞けるさかい、ぜひご参加ください!!お待ちしてまっせ~。

◆「中路融人の世界Ⅲ-木立の造形-」ギャラリートーク◆
日時:平成28年11月19日(土)13:30~14:00
場所:中路融人記念館


なんと、この日は『関西文化の日』のため、入館無料!!
この機会をお見逃しなく~\(^o^)/

博物館で職場体験!

author(2016/11/12)

まいどおおきに~、てんちゃんです(^^)ノ~

毎年この時期になると、東近江市内の会社やお店、図書館では
中学生の職場体験が行われています。
そして、近江商人博物館にも…今週の火曜日から五個荘中学校の2年生、F君とY君が職場体験に来てくれてます(^o^)

博物館のお仕事ってどういうものか、みなさんも具体的にはなかなか思い浮かばへんかもしれません。。
体験に来てくれた二人も、一体どんな仕事をするのかな?と思ってたと思います。
今日は、ふたりの仕事ぶりをご紹介~♪

F君とY君には、できるだけたくさんの仕事を知ってもらうため、いろいろチャレンジしてもらいました!

朝一番の開館準備にはじまり、
博物館に送られてくる、たくさんの書籍や図録などの分類・整理、
収蔵品の郷土玩具・小幡人形の展示、資料の写真撮影、
博物館講座やギャラリートークでのお客様対応、展示室の記録写真撮影などなど。。。

博物館・記念館のスタッフの指示、アドバイスのもととても熱心に取り組んでくれました!

そんなF君、Y君に突撃インタビュー!!

■職場体験の感想をどうぞ~(^^♪
まずはF君から。
「近江商人博物館で職場体験をしました。どこの職場でも同じですが、始めは何も知らなかったので不安でしたが、開館の用意やその日の仕事などを分かりやすく教えていただいたので少しずつ慣れていくことができました。それに近江商人博物館の職員さんは、話しかけてくれたりしたので、とても安心できました。
職場体験で近江商人博物館に来れてとても勉強になりました。こういう経験は、忘れずにいたいと思います。」

 




つぎにY君。
「僕は、職場体験という貴重な体験で仕事というものがどんなものかを学ぶことができました。それだけでなく、わからないことがあったら優しく教えてくれたりして、職場の人たちは良い人だということも分かり、職場体験にこの場所を選んでよかったなぁと思いました。
将来何の仕事に就きたいかはまだわかりませんが、それを決める一つの経験になったので、近江商人博物館の職員さんたちにはすごく感謝しています。」


 

■今回の職場体験で、印象に残った仕事は何かな?
F君:郷土玩具のなかから鶏の小幡人形を探したことと、本の整理
Y君:本の整理が難しかった。
   倉庫(収蔵庫)のなかに小幡人形がたくさんあったのが印象に残っている。

きっと二人とも、初めて『仕事』というものを経験したと思います。
不安はたくさんあったやろうけど、てんちゃんは二人がとてもまじめに仕事に取り組んでくれて、嬉しく感じました(^^) 

苦手なことも、しんどいことも仕事ではやらなあかん時があります。
将来二人がどんな仕事に就くかわからへんけんど、博物館での職場体験をはじめ、これからいろいろなことを経験して、自分のなかの引き出しをたくさん作っていってほしいなぁと思います。
近江商人が、自らの経験と知恵と工夫で商いのピンチを乗り切ったように、
たくましく自分の道を歩んで行ってもらいたいなぁ(*^^*)

F君、Y君、5日間おつかれさまでした!!

132件中:106-110件表示 [1] <- 21 22 23 24 25 26 27 -> [27]

名 前:てんちゃん
出身地:東近江市てんびんの里
誕生日:10月10日
特 徴:おへそが「て」の形。
    時どき江州なまりです。
好きな食べ物:どろ亀汁、
       でっちようかん
目 標:
近江商人の知恵を学んで、世間の人びとに信頼される近江商人になること
趣 味:
近江商人の先輩の足跡をたどること
最新の記事

ウェブサイト「縁結び大学」内で紹介されました

5月29日の『滋賀マルシェ』に参加します!

企画展を紹介!「中路融人の視点ー制作過程からー」

今年も鯉のぼりが泳いでまっせ~♪

五個荘へカムカムエヴリバディ!

過去の記事

平成27年度(2015)の記事

平成26年度(2014)の記事

平成25年度(2013)の記事

平成24年度(2012)の記事

平成23年度(2011)の記事

平成22年度(2010)の記事

東近江市近江商人博物館

中路融人記念館

menu

Copyright @ 鈴鹿からびわ湖まで東近江市の博物館の情報サイト ALL Rights Reserved.