鈴鹿からびわ湖まで東近江市の博物館の情報サイト

123件中:31-35件表示 [1] <- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  -> [25]

マチエールっておもしろい!!

author(2019/11/15)

まいどおおきに~!てんちゃんです(^^)/

イベント盛りだくさんの11月!
11月10日は、企画展「勝博ー中路融人もうひとつの顔ー」の関連イベントとして
「もりもりマチエールで描こう!」を開催しました。

マチエール?ってなに??と思ったあなた!
マチエールっていうのはな、絵肌のことです。(^^)エッヘン
絵の表面って、よく見てみると絵の具が盛り上がってゴツゴツしてたり、
ザラザラしたものが見えたり、つるつるしたところがあったりするんやけど、
そういう絵肌のことをマチエールっていいます…って学芸員さんに教えてもらいました(^^;)エヘ

そういえば、中路先生の若いころの作品は、絵の表面がゴツゴツと盛り上がったところや、砂みたいなつぶつぶやザラザラがよく見えます。
日本画でもこんな表現ができるんやなぁって意外やったけんど、これがまさにマチエールやったんや!

今回は、日本画の絵の具を厚く盛って、マチエールに挑戦!ということで
東近江市で活動されている画家の藤野裕美子さんに教えていただきました(^^)

 
←藤野さんの見本。表面がデコボコしているのが見えます。

日本画の絵の具は、岩絵の具といって鉱石を砕いて粒子状になっています。
粒の大きさは様々あり、大きい粒の絵の具は指で砕いてから、膠液と混ぜます。

こんなにたくさんの色を用意してくださいました。何色にしようかワクワクするなぁ♪
金箔や銀箔、そして…砂!?
砂を絵の具に混ぜて、絵の具を厚く盛るという方法もあると聞いてビックリ!
中路先生も若いころは砂浜でとって塩抜きした砂を絵の具に混ぜていたそうです。
作品の表面のザラザラしたものは砂つぶやったんや!!

 砂に色をつけるみたいでおもしろいなぁ

絵の具ののせ方も個性があって、見ていて楽しい!

「『絵を描く』というよりは、『紙に絵の具をのせる』ように描く」と藤野さんが
言わはったように、思い思いの色を重ねて、それぞれのマチエールが出来上がっていきました。絵の具を乾かして、重ねるのを繰りかえすことで、より厚みが増すそうです。
絵を描くのがちょっと苦手なぼくでも、これならできそう!って思えて、やってみたくてウズウズ…(^^) 絵の具を指で混ぜるのも楽しそう!

日本画って言うと、なんかムズカシイって思われそうやけんど、
こんな風に絵の具や金箔、砂を使って好きな色を重ねるって・・・みんな、楽しいで~!!
もっとたくさんの人に日本画にふれてほしいし、知ってほしいなぁって改めて思いました。

  藤野さんの日本画も見せてもらいました


 ぼくの似顔絵(^^♪ おおきに!





文化の秋特別企画第2弾  近江商人の最新研究に触れる!

author(2019/10/23)

まいどおおきに~!てんちゃんです(^^)ノ

11月は博物館のイベントが盛りだくさん!!
第2弾を紹介しまっせ~♪

来る11月4日(月・振)午後1時30分から、近江商人特別講座「近江商人と出世払い」が開催されます。

そういえば、この前ごはんを食べにいったとき、先輩が「出世払いで頼んます!」と言って逃げはりました。ぼくは持ち合わせがなかったさかい、どないしよう!?って慌ててたら、そこに店の旦那さんが現れて、支払ってくれはりました。ほっ。

そやから「近江商人と出世払い」のお話、気になります!
先輩みたいな近江商人っていはったんやろか??

今回は、近江商人特別講座として滋賀大学名誉教授の宇佐美英機先生にお話していただきます。宇佐美先生は、これまでの地道な史料調査から、近江商人の商家には他の地域よりすごくたくさんの「出世証文」が残っていることに気づかれたそうです。
史料から見えてきた最新近江商人研究の成果がきける貴重な機会!楽しみやな~。

みなさん、ぜひ聞きにきてや~。

特別講座「近江商人と出世払い」
日 時:令和元年11月4日(月・振)午後1時30分から3時
講 師:滋賀大学名誉教授 宇佐美 英機 氏
参加費:300円(入館料含む
    ※事前申込みが必要、参加者は当日博物館にご入館いただけます。
場 所:てんびんの里文化学習センター 多目的研修室

文化の秋特別企画第1弾! 普段非公開の近江商人屋敷を探訪

author(2019/10/22)

まいどおおおきに~!てんちゃんです(^^)/

今日は11月3日(日・祝)に開催予定の史跡探訪「塚本さとゆかりの地をめぐる」について、ちょこっと見どころを紹介するで~。 

塚本さとさんは、天保14年(1843)、現在の東近江市五個荘川並町の近江商人の家に生まれ、近江商人の妻となり母となり、生涯を商家の女性として生きました。
この塚本さとさん、77歳の喜寿を迎えた年に長年の夢やった私立淡海女子実務学校を五個荘につくらはります。校長先生として晩年を地域の女子教育に尽くし、女学生たちからは「おばあさま」と慕われていたそうです(^^)
77歳で夢を実現させる、その熱意と実行力にびっくり!!
きっと自分の経験から、女子教育の必要性をすごく感じてはったんやろなぁ。。

11月3日の史跡探訪では、塚本さとさんの生家の聚心庵と、結婚して分家をした八年庵を訪れます。どちらも大きな近江商人屋敷で、普段はなかなか見ることができないので、ぜひ秋の一日、歴史的な美しい町並みを楽しんでください。


◇◆史跡探訪「塚本さとゆかりの地をめぐる」◆◇
日 時:令和元年11月3日(日・祝)午前10時から12時15分(予定)
参加費:500円
定 員:30名 ※事前申込みが必要
集合場所:ぷらざ三方よし(東近江市五個荘塚本町279)

スケジュール
  9:30 受付開始
10:00 ぷらざ三方よし出発 
10:30~11:10 (一財)ツカモト資料館・聚心庵見学
11:20~12:00 八年庵見学
12:15 ぷらざ三方よし着 解散
※雨天決行

てんちゃんの誕生日お祝い♪

author(2019/10/10)

まいどおおきに~、てんちゃんです(^^)

10月10日はぼくの誕生日でした!


お昼ごはんを食べに行くと…サプライズ!!のバースデーケーキとカレーライスが♪

わぁっ!ケーキとカレーがぼくの顔になってるやん!!ビックリ!
どう?似てるかな??
嬉しいなぁ、こんなにお祝いしてもらえるなんて。

「自分の顔食べるのもったいないなぁ。笑」


お誕生日の記念写真を撮ってもらって、美味しくいただきました(^^♪

「ごちそうさま~」

みんなにお祝してもらって、心もお腹も満たされて、とても幸せな日になりました。

さぁ、また今日からがんばるでー(^^)/


はじめての出張

author(2019/08/12)

まいどおおきに~!てんちゃんです。

毎日暑い日が続いてるなぁ。
東近江市は、先日38°Cを超える猛暑日がありました。
暑すぎて体調を崩さへんように、皆さんホンマに気をつけてや~。

8月3日と4日、近鉄草津店に出張してきました!
今回のぼくのお仕事は、東近江市の物産と観光のPR。

東近江市の人形作家、東之湖(とうこ)さんの作品をバックに。
とび太くんも、米俵をかついで近江米をPR(^^)

いらっしゃいませ~♪
1階の近江路で物産販売の呼び込み中。

ぼくてんちゃんといいます。よろしく~(^^)

今度は、8月24、25日に近鉄草津店に出張しまっせ~(^^)ノ”
次もたくさんの人に会えることを楽しみに、東近江市のPRを頑張ります!!


123件中:31-35件表示 [1] <- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  -> [25]

名 前:てんちゃん
出身地:東近江市てんびんの里
誕生日:10月10日
特 徴:おへそが「て」の形。
    時どき江州なまりです。
好きな食べ物:どろ亀汁、
       でっちようかん
目 標:
近江商人の知恵を学んで、世間の人びとに信頼される近江商人になること
趣 味:
近江商人の先輩の足跡をたどること
最新の記事

5周年記念展、好評開催中!

ゆらゆら揺れる、モビールのインスタレーション

今日はぼくの誕生日!

てんちゃんのエコバッグができたで~♪

やっぱり面白い♪お雛様のお話

過去の記事

平成27年度(2015)の記事

平成26年度(2014)の記事

平成25年度(2013)の記事

平成24年度(2012)の記事

平成23年度(2011)の記事

平成22年度(2010)の記事

東近江市近江商人博物館

中路融人記念館

menu

Copyright @ 鈴鹿からびわ湖まで東近江市の博物館の情報サイト ALL Rights Reserved.